【日本の伝統文化との融合】本藍染パッチワークショルダーバッグ

◆アイテム説明◆

Hill’s Side House定番のドラゴン防水帆布新色のダークネイビーと徳島県の伝統文化『阿波の本藍染』をパッチワークでコンビネーションしたワンハンドルショルダーバッグです。

ぼく自身、藍染をつかったバッグは、いつか必ず作ってみたい!!!って思っていてその願いがかなった商品なのです。

そもそも藍染とはなんぞや?

というところから知りたくて徳島県の藍染職人さんのところへ行ってきました。

この時のことは、ブログにしていますので気になる方は是非ご覧ください。
藍染のことあらためて』←ブログリンク貼ってあります。

どうやって藍染は生まれるのか、藍染のこれまでの歴史や今の状況などたくさん色々なことを教えていただきました。

徳島県の藍染を『本藍染』と呼ぶ理由は、ほかの地域と比べて徳島の藍は非常に品質が高く評価されていたから徳島の藍を『本藍』その他の藍を『地藍』と呼んで区別していたそうです。

今回は、ヒルサイオリジナル帆布を本藍で染めていただきました。

ベースは、ドラゴン防水帆布にすることで自立性を保ってパッチワークのパーツ部分を本藍染の生地に。

ダークネイビーと藍色のコントラストやドラゴン防水帆布と本藍染がアシンメトリーになったサイドポケットは河合のツボです。

ドットボタンの金具の色は、マットブラックで馴染ませたことでヒルサイプレートの真鍮色が奥ゆかしい雰囲気の藍染にマッチしています。

この素晴らしい日本の伝統を、ヒルサイ通して多くの方と共有できたら最高です。

【カラー】
ダークネービー×本藍染

【素材】
本体:コットン100%

【サイズ】
横幅 31cm
縦  35cm
マチ 18cm
ショルダー長 96cm

¥20,900 税込

クリア

追加情報

カラー

navy

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。