ハウストート / カーキ/送料無料

¥16,500 税別

クリア

説明

Hill’s Side Houseの定番となりましたハウストートバッグです。ハンドルには国産の牛革を使うことで高級感を。
シンプルなデザインなのでスタイリングもしやすく、お仕事用としても合わせやすいのできっと重宝します。


A4がしっかり入るサイズになっていますので、書類や雑誌、手帳などもしっかり入ります。インナーバッグを使うと中がゴチャゴチャせずスムーズに出し入れができます。小物を入れるポケットも充実していますので小分けも◎

入口には、ファスナーを取り付けておりますので、電車で中を見られることも、網棚において倒れても荷物がこぼれ落ちる心配もありません。


Hill’s Side Houseは、帆布の産地岡山県倉敷にある老舗の機屋(はたや)の(株)タケヤリ様の帆布を使わさせてもらっています。創業130年を超える老舗が織り上げる帆布は、非常にクオリティが高く、まさに日本の職人技と言えます。

日本人だからこそ生み出せ、『ハリ』『コシ』そして『温もり』を感じていただきたいです。

*機屋(はたや)とは、皆さんが見慣れていると思います帆布の色がついていない生地を織り上げてくれる工場さんのことです。日本の帆布の約7割は、このタケヤリ様で織られています。


ハウストートに使っている帆布は、『ドラゴン防水加工』という特殊な加工をした帆布を使っています。布の作られた傘は多くは耐水圧800mmくらいとされていますが、この帆布は1,500mm以上!!!ちょっとした雨はものともしないタフな帆布です。


ハンドルに使っている牛革は、革の産地兵庫県姫路にあるタンナー様に別注で作っていただいております。『ピット槽鞣し(なめし)』という伝統手法で革を加工することで丈夫で滑らかな革となり、使い込む程に上品で落ち着いた雰囲気の革へと変化します。この手法で生産できる工場さんは日本では数少なくなってしまいました。。。

*鞣し(なめし)とは、革を柔らかくすると書き、革を作るには欠かせない工程となります。この鞣しを行うことで皮(SKIN)が革(LEATHER)へと生まれ変わります。

*タンナーとは、革を加工してくれる工場さんのことです。


ドラゴン防水加工は、パラフィン(蝋)を使って加工します。そのため、摩擦によって生地の表面に白い線が付きます。これを僕たちは、チョークマークと呼びます。パラフィンならではの経年変化となりますのでジーンズを育てる様にバッグを育てていただけたら嬉しいです。


Hill’s Side Houseのロゴプレートは真鍮製です。時間が経過するとくすみが生じます。専用クロスを使っていただくとある程度光沢を取り戻しますが、個人的には古美を楽しんでいただけたらと思います。


Item Spec


表地/ 綿100% パラフィン加工

サイズ/横幅(上部)47cm

              縦                   35cm

             マチ                16cm

             ハンドル立ち上げ27cm

生産国/日本

出荷/平日(月〜金)15:00までにご入金及びクレジット決済していただいた場合は、即日出荷となります。

*イレギュラーが発生した場合は、迅速に担当者からご連絡します。

 週末及び祝日は、非営業日となりますので、翌営業日の対応となります事ご了承ください。

追加情報

重さ 0.725 kg
サイズ 16 × 47 × 35 cm