知ってほしい【Hill’s Side House】のこと

ё はじめに

初めまして、Hill’s Side Houseの河合です。

今日は、Hill’s Side Houseをやっている、
わたし自身がどんな人間なのか
どんな想いでブランドを始めて
これまで続けてきたのか
皆さんにご紹介したくてブログにしました。

ё 生い立ち

わたしは、福岡の片田舎で生まれ育ちました。
小中高を地元で過ごし、高校生のときに行った
ニュージーランドに感動!!!
将来ニュージーランドで牧場主になることを
目標に英語を勉強するため長崎の短大へ進学しました。

ё ターニングポイント

卒業後、留学資金を貯めるため長崎にのこる準備を
整えていたとき、母親から電話が。。。

『お父さんが倒れた』

父は、自営で土木業を営んでいました。

その後、わたしの兄から連絡があり一緒に実家の会社を
継ぐ為福岡へ戻ることになりました。

2年間、兄と協力して父の会社を手伝いましたが、
不況の煽りを受けて会社は倒産。

留学の夢は諦めておらず資金が必要でしたので
次の仕事はなにしようか考え
『どうせならやりたい事をやろう!!!』
という事で以前から興味のあったファッション業界へ。

土木作業員からアパレル販売員。。。

今になって考えたら全く違う業種ですね(笑)
あまりそんな事は考えてなくてやりたいことが
やれる興奮の方が強かったと思います。

そして(株)ワールドにアルバイトとして入社。
2年間THE SHOP TK TAKEO KIKUCHIという
メンズブランドの販売員として働いて、
その後同ブランドの店長として広島へ異動。
そこで2年間店舗運営を学びお店の売上も好調のころ
雑貨MDとして東京の本部への声が掛かりました。

MDとはマーチャンダイザーの頭文字。
MDについては色々と想いがありますので
違う機会にブログにしたいと思います。

約9年、雑貨MDとして多くの経験と知識を学び
その後、独立してHill’s Side Houseを立ち上げます。

2014年4月Hill’s Side Houseをスタート。
ワールド時代、仲の良かった社長さんと
これからのアパレル業界について熱い答弁をしてるとき

『今後は、待ってるだけじゃダメだ!
自社の強みがいる!』

『オリジナルのブランドとかですか!?』

『いいね!!それっ!!!』

いう話になり

『じゃあ、作っちゃおう』

『ぼく、考えます!!!』

こんなかる~い感じで始めました😅

社長さんの会社は、帽子とバッグの海外生産を
やっている会社なので、バッグのブランドにしようと
決まり海外生産ではなく、日本製がいいと意見が合致。

Hill’s Side Houseというブランド名には

【 沢山のお客様が足をはこびたくなる様な
ぽかぽか温かい丘の上にある家みたいなブランド】

という想いから命名。

素材を帆布にしたのは、ブランドの話が出たとき、
頭の中に本体が帆布でハンドルがレザーの
トートバッグが、ふっと浮かんだから。

その後、サンプルや商品を作るために
直接帆布に触れたり作り手の方々と話をしていくと、
帆布の素晴らしさを知り、もっと沢山の人たちに
知ってもらいたい!!!
と思ったのでメインの素材を帆布にしました。

帆布の魅力をもっと知ってもらいたいので
別の機会でブログにしますね。

これがHill’s Side Houseが誕生したワケと
Hill’s Side Houseへの想いです

ё 河合とは??

ぼくは、5人家族の3児のパパ。

趣味は、キャンプ・バレーボール・サーフィン・読書

キャンプは、家族で楽しむファミリーキャンプ。
年に4~5回ほど行きます。
本当はもっと行きたいのですが仕事や子供の習い事の
都合で中々そうはいかないですね。
子供が大きくなったら夫婦2人や仲間同士の
キャンプも良いな~と思ってます。
毎年行く年明けキャンプは、家族の恒例行事に。

バレーボールは、小中高とやっていて
2年ほど前から再開。
学生時代は、なんとなくやっていたのが
大人になってドはまり!!!
家でもテレビ見ながらバレーボールを触っている始末
ハイキュー!!を教科書に猛勉強中です(笑)
今は、YouTubeやSNSですぐに動画が出てくるので
参考にしてます。

サーフィンは、まだまだ初心者。
小波を狙って練習中です。

読書は、ビジネス書専門。
沢山読んでいるわけではないですが、
5冊くらい月に読んでいます。
今後は、ブログでおススメしたい本も
ご紹介していきます。
最近ではこれがおススメです。

『ワークマンはなぜ2倍売れたのか』

コロナ禍でも絶好調のワークマン。
ワークマンプラスが生まれた経緯や商品開発への熱意。
社員、店長の方々への会社の敬意と今後の展望など
業界の方から業界外の方まで非常に面白い本です。

以上がHill’s Side House河合のプロフィールです。

ё 最後に

店長時代、売上を上げる為必死でした。
日中は接客やスタッフ指導、本部への報告で
バタバタして閉店後翌日準備の為遅くまで
レイアウト変更。
酷いときは気づいたら日が昇っていた時も。。。
それでもやっていることに対して結果が出てるという
感覚はありませんでした。

ある日、険しい顔で店頭にいる時
一人の顧客さんが笑顔で来店され
『どうしたの怖い顔して、大丈夫?』
と言ってくれました。
その時、肩の力が抜けたのを覚えています。
落ち着いて周りを見たとき、
いつも笑顔で来店してくれる顧客さん達がいて
支えてくれるスタッフがいることに気づきました。
『あ~俺は沢山の人たちに支えられていたんだ。。。』
と恥ずかしながらその時気が付きました。
そこからお客さんがいつ来ても気持ちのいい
お店にしようと心掛け、どうしたらスタッフが
働きやすいか考えて環境を整えました。
そうすると お店の売上も安定してきました。

来店してくれていた顧客さんがお洋服を
買ってくれていたのはただブランドが好きっ
てだけではなくて、そこで働いているぼく達も
好きでお店に来てくれていたんだと思います。

Hill’s Side Houseも同じでサイトで
お買い上げいただいたお客様もまだご購入を
悩まれているお客様にも、まず河合ってどんな人間
なのか知ってもらいたいと思ってブログにしました。
もっと沢山のお客様とコミュニケーション
したいと考えています。

例えば、インスタライブやYouTubeを使って
商品化する前から皆さんにサンプルを見てもらい
ここにポケットを付けて欲しいやハンドルは
レザーにして欲しいなどの意見をいただいて
それを反映した サンプルを作りまた意見をいただく。

皆さんと一緒に商品開発出来たらきっと楽しい

ぼくにできる事はHill’s Side Houseという
フィルタを通して、皆さんにファッションを
楽しんでいただける商品を作ること

だから色々な情報をインプットして
皆さんにどんどんアウトプットしていきますので
今後のHill’s Side Houseに是非ご期待ください。

最後に季節の変わり目、体調を崩す時期でもあり、
今年はまだまだ終息の目途が立たない
コロナウィルスもあります。
くれぐれもお体ご自愛いただけますよう
心より願っております。

ありがとうございました。

Hill’s Side House 河合 圭介