東京レザーフェアに行ってきました!!

お仕事お疲れ様でした。

 

Hill’s Side Houseの河合です。

 

今日は、浅草で行われた97回東京レザーフェアに行ってきました。

年に2回、日本全国の革屋さん、イタリア、フランス、スペイン等の

 

革屋さんが勢ぞろいします。

 

 

これ、靴の底で有名なビブラムソールと革を組み合わせたガジェットケース。

 

皆さん、ここぞとばかりに自社のおススメ商品を展示しています。

(帰ってきて写真が少ない事に気づく。。。)

 

ここでちょっとした革の豆知識。

 

革は、鞣し(なめし)という加工があります。

 

その前は、海外から生の皮を塩漬けした状態で送られてきます。

牛であれば一頭が非常に大きいので水洗いした後半分に裁断され

残った毛や脂を綺麗にして加工前の下準備をします。

そこから先ほど言った鞣しという加工を行い革になります。

気づきました??

革になる前は皮で加工の後は革になります。

英語だとスキンからレザーに変わるのがこの鞣しという加工後になります。

というちょっとした豆知識でした!!

ちなみに、鞣しの種類も色々ありますが、一番有名なのはクロムとベジタブル。

ヒルズサイドハウスが採用している革は、メンズらしい見た目と経年変化を楽しめる

ベジタブル鞣しです。その中でも更に希少性の高いピット槽鞣しという加工です。

もっと、詳しく知りたい!!というもの好きの方は、ヒルズサイドハウスが依頼している

革の産地兵庫県姫路の老舗『山陽』様のサイトをチェック!!

TOP

 

天気が良くてよかった。

出展者の皆様、2日間お疲れ様でした!!

 

ではまた~!!