ご縁ありまして。。。

どぉ~も!!ヒルサイ河合です!!!

ヒルサイのお取引先様でもあるゴルフ雑誌で有名な『ゴルフダイジェスト社』様と次回コラボ企画の打ち合わせをしているときに担当のHさんに

「いま、こういうグリーンフォークとマーカーをシルバーでやってるんですけど、すごい売れるんです。ヒルサイの雰囲気とも合うしどうですか?」

と見せられたのがフェザー(羽)をモチーフにワンポイントでスエード紐に赤ビーズを通したグリーンフォークとゴルフダイジェスト別注でつくられたコインマーカー。

「え??こんなスタイルのゴルフってありなの???てかめちゃくちゃカッコいい!!!」と完全にどストライク!

聞くと『SUNSHINE工房の高瀬さん』というインディアンジュエリーを制作・販売されてるアーティストさんが作ってるらしく、インディアンジュエリー大好き河合はツーストライク!!と追い込まれましたwww

本当は、写真載せたいけどお客さんの商品なので『SUNSHINE 工房』さんのインスタリンクを貼っておきます。その中にあります。

SUNSHINE 工房』←こちらをチェック!!!

そして畳みかけるように担当者Hさんが

「今、学芸大学駅の近くのクラフトビールが飲めるお店でポップアップストアやってるから是非行ってみてください!!!」

「ビール。。。クラフト。。。。ビール!!?」

はい!河合ストライクバッターアウト!!!www

インディアンジュエリー好き、ビール好き、しかも帰り楽

クラフトビール専門店『FIVE TREES 』

ということで行ってきました!!!

東急東横線の『学芸大学駅』から徒歩5分くらいのところにある”クラフトビール専門店”『FIVE TREES』さん。

住環境事業をされてる(株)トーシンコーポレーションさんが運営されていて、お店というよりはトーシンさんが取り扱ってる商品を飾るショールームにクラフトビールをくっつけて今年7月にオープンしたそうです。

かなり広いショールーム内にテーブルや椅子、観葉植物たちがきれいにレイアウトされています。

カウンターの奥にはビールを注ぐコックが壁から出てる!!家にあったら飲み放題やな~と考えながら、さっそくクラフトビールいただきました。

3種類のビールが選べます。②は南ドイツのビールで①と③は『ファイブツリー』オリジナルだそうです。

キャッシュオンなのでその場でお会計するとビールを注いでくれます。

まずは西ドイツのラガービールを。

ラガーなのでぐっと良い苦みがくるんですが、後味スッキリ!!!

「あ、これは飲みすぎるパターンやな。。。」

と思いつつ『SUNSHINE工房の高瀬さん』から道が混んでて少し遅れると連絡をいただいたのでゆっくり待たせていただきました。

待ってる間、素敵なインディアンジュエリーを見させていただきました。

そして高瀬さん登場!!!

(しまった、写真一緒に撮ればよかった。。。)

ゴルフダイジェストさんがすでに話を通してくれていたので軽く挨拶と名刺交換させていただき、いろいろとお話しさせていただきました。

高瀬さんは、今は岡山県に工房とショップを構えられていますが、生まれはバリバリのヨコハマっ子。

高校卒業後、渡米してそこで出会った『NATIVE AMERICAN』に魅せられて、本場アメリカでジュエリーの修行をしたのち今に至るそうです。

レッドマウンテンという石のリング

ぼくは、インディアンジュエリーでも『ターコイズ』をつかったアクセサリーが大好きで『レッドマウンテン』という鉱山の石をいくつか持っています。

高瀬さんも『キングマン』という石をよく使われるそうで色々と教えていただきました。(ターコイズはかなり奥深いですが、こんどブログにしてみたいと思ってます)

ゴローズで有名な『ごろうさん』との出会いやアメリカでのエピソードなどなどインディアンジュエリーオタクとしては🤤ものな話ばかりwww

そして出会ってしまいました。。。

フェザーをモチーフにしたシルバーリング。

シルバーに入れる柄や文字を『スタンプ』と言います。この羽についてる線も一本一本手作業で入れていきます。

フェザーリングは探してて、いろいろ見ましたが高瀬さんがつくったこのリングが一番羽っぽくてカッコよかった。

高瀬さん曰く、

「羽って軽いでしょ?風がふいたら飛んじゃうくらい。だから軽さを出したかった。それを追求したらこれになった」

だそうです。

リングの裏にもスタンプを入れる徹底っぷり!即買いでした!!!

親指用にサイズを調整していただきました。

さらに

名前まで入れてもらっちゃいました!!!

本当にありがとうございました!!!!!

そして楽しい時間は続き、一杯のつもりが2杯、3杯。。。

結局4杯飲んで(仕事してんのか??してます!!!www)再開を約束してその日は帰りました。

今度、岡山の工房にもお邪魔します。

今日はここまで!!!

ありがとうございました!!!!!

おまけ

トイレまでオシャレwww

『藍染』のことあらためて

どぉ~も!!ヒルサイ河合です!!!

『藍染(あいぞめ)』ってご存知ですか?

よくデパートなんかの催事場で『藍染』ってプリントしてる旗や旅行で立ち寄ったお土産屋さんのPOPなんかで見たことある人は多いと思います。

ときどき、ジーンズを見て『藍染』って言ってる人を見かけたこともありますがそれは、まったくの別物。

もちろん、『藍染』したジーンズもありますが、多くは『インディゴ』と言われる化学染料です。『藍染』は、藍の葉からつくられた天然染料なので染料が出来上がる工程もブルーに染める工程もインディゴに比べるとすごく時間と手間がかかっています。

藍染とは

藍染とは、人類最古といわれる染料です。

戦国時代、藍の色の1つ『勝色(かちいろ)』が勝利につながって縁起がいいということで、武士の鎧下着を藍で染める事が流行したことで生産が本格化されました。

藍染で有名なのは『徳島県の阿波の藍染』

徳島の藍は、その品質の高さから別格とされていて、阿波の藍を『本藍』それ以外の藍を『地藍』として区別されたそうです。

藍の葉がつくられる工程や染めの工程、なぜ徳島の藍は別格なのかはブログにしてますので、是非、チェックしてみてください⇓⇓⇓

阿波の本藍染 TABIシリーズ

藍の華 職人はこれを基準に藍を育てます。
ヒルサイオリジナルの帆布をそめてもらいました。

絶やしちゃいけない日本の色

ぼくは、『藍色』にすごく魅かれます。

自分のパーソナルカラーがブルーアンダートーンで青が大好きということもあるんだと思いますが、昔から藍の色は見入ってしまいます。

奥さんの実家は、宮崎県なんですが県内に綾という土地があってそこも藍染が有名で、奥さんが次男を妊娠しているときに着ていた藍染のワンピースがとても鮮やかで好きです。

しゃがんでるのは小さいときの長男www

なんとも言えない深い藍色に絞りを入れてコントラストをつけたワンピース。

最近着てないな~

『藍色』は日本人だからこそ出せる色だとぼくは思います。

帆布もそうですが、こんなに手間と時間がかかることをやれるのは日本人だけ。もっともっと、世界にアピールしていきたい伝統だと思います。

素敵な色なんだから日本代表選手のユニフォームは藍染にするとか日本の顔の大臣さんたちのスーツやシャツは藍染した生地でつくるとかしたらいいのにな~と思ってます。

ぼくがお邪魔した工房さんでは、海外のメディアの取材がひっきりなしに来るそうです。海外のかたの方が価値わかってるのかな~。。。

ヒルサイの藍染バッグ

そんな『藍染』もさっきも言ったインディゴなんかの安価で手間のかからない化学染料が増えたことで出番が少なくなっちゃいました。。。

「ヒルサイでも藍染のバッグ作りたいな~」

「郷に入っては郷に従えだ!!!よし、徳島行ってみよう!!!!」

ということで行ってきました徳島!!!

水のきれいな素敵な場所でした。

直接職人さんとお話させてもらい『藍に対しての熱い想い』と『藍染という伝統が失われそうな寂しさ』を聞きぼくも藍染に対しての想いが強くなりました。

そして出来上がったバッグがこちら!!!

ヒルサイの定番防水帆布とヒルサイオリジナル帆布を藍染した生地をパッチワークにしてミニトートバッグとショルダーバッグを作ってみました!!!

手前味噌ですが、バッグの使い心地は抜群&日本ならではの色を楽しんでいただける逸品です。

商品のリンクを貼っておきますので気になる方は是非チェックを!!!

今日はここまで!!!

ありがとうございました!!!!!

Hill’s Side House 河合

Fire King に魅せられて

どぉ~も!!ヒルサイ河合です!!!

先日立ち寄った恵比寿の古着屋さんで久しぶりに『Fire King』を買いました。

『Fire King(ファイヤーキング)』ってご存じですか?

ファイヤーキングとは、アメリカのガラス製品メーカー『アンカーホッキング社』が1942年から1976年にかけて大量に製造していた食器類全体のことを言います。

そのままオーブンにかけられる耐熱性、ちょっとぶつけたくらいじゃ割れない頑丈さ、そして豊富にそろう色・形・柄のバリエーション。実用的で食卓を彩ってくれて、そのうえ安価なファイヤーキングは、昔のアメリカ人にとってはごくごく身近な存在でした。

いろんな種類の食器がある中で一番有名なのは『マグカップ』です。

今回ぼくが買ったのは『キンバリー』という種類のマグ

『キンバリー』のグリーンマグを購入

ファイヤーキングマグの中でも一番有名で比較的手に入りやすい種類だと思います。

ぼくが最初に出会ったファイヤーキングもこの『キンバリー』でした。

独特なデザインとアメリカ!!っていうカラーリングが大好きです。

中でも別格に人気なのが『ジェダイ』

翡翠色のきれいなグリーンのマグに目を惹かれてずっと見てられます。

我が家にも1つあったんですが、割れてしまいました。。。

Dハンドルのミルクホワイトは1つ持ってます。

シンプルなんですが、古き良きアメリカを感じて見入っちゃいます!!!

それ以外にもキャラクターシリーズやアドバタイジング(広告のことですね)略して『アドマグ』シリーズが有名です。

大量に製造されていたとはいえ、期間限定だったりすごくマニアックな柄やキャラクターだと極端に数量が減るので探すことさえ困難ですし、お値段もなかなかします。

でもそんな希少なお気に入りに出会えたら値段は関係ないですねwww

いま、ぼくが狙っているのは『スヌーピーのレッドバロン(橙)と(赤)』それと『パーフェクトスマイル』とぼくの星座でもある『アクエリアス黒』

それ以外にも魅力的なファイヤーキングがたくさんあります。

ぼくはこの『ファイヤーキングマグ図鑑』を見て勉強しております。

いろんな種類のファイヤーキングの写真や豆知識など細かく掲載されてるのでおススメです。

SNSだとぼくはInstagramでこの2つのお店をフォローさせてもらってます。

東京の高円寺にある『DEALER SHIP』さん

四国の香川県にある『SUNDAY SCHOOL』さん

どちらも数多くのファイヤーキングを取り揃えておりますので、気になる方是非サイトチェックしてみてください。

ぼくが持ってるファイヤーキングです。

まだまだ、数少ないですが改めてファイヤーキングへの想いが再燃しておりますのでこれから少しずつ揃えていきます!!!

そのときは、またブログにします!!!

今日はここまで!!!

ありがとうございました!!!!!

Hill’s Side House 河合

バッグを選ぶときのポイント~色合わせ編②~

どぉ~も!!ヒルサイの河合です!!!

前回の『バッグを選ぶときのポイント~色合わせ編①~』では人それぞれが生まれ持っている『パーソナルカラー』のことをご紹介しました。←タイトルにリンク貼っておきますのでそちらもどうぞ!!!

じゃあ、今持ってる洋服や小物は自分の色に合っていないのか!!?

そんなこともありません。

『パーソナルカラー』のことを知らなくても自然とじぶんに合った色のものを買っていることの方が多いと思います。

ただ、その中に『普段はあまり買わないけど冒険してみよう』とか『友達に勧められて買ってみた』なんかチャレンジものが少なからずあるんでじゃないでしょうか?

そんな、自分の『アンダートーン』とは違う洋服や小物は一度着て明るいところで自分の顔色をみると分かるかもしれません。。。

ぼくは以前朱色のTシャツを買って着てると先輩から

『お前、顔色悪く見えるぞ。。。多分のTシャツの色が合ってない』

と言われことがあります。

その先輩も『パーソナルカラー』のセミナーを受けていたので二人で納得したのを覚えています。

ぼくは『パーソナルカラー』を意識して洋服を買うので色合わせに困るということは、ほとんどありません。

ぼくが毎朝やるのは、まずその日着たいトップスかボトムスを床にポンっと置きます。それに合わせてパズルの様にそろえていくとすごく楽です。

気にしてるのは、上と下が同じ色にならないこと。

上下が同じ色だと遠目から見てズドーンとしたシルエットになっちゃうのでうまく小物を混ぜてメリハリをつけないと難しいです。

そして洋服が決まると次にバッグを選びます。

バッグのデザインは、その日の用途によって変わりますが、色は『パーソナルカラー』を意識しています。

ぼくは、白、明るい青、カーキ、黒を合わせることが多いです。

特にカーキはおススメです。

ヒルサイのイメージカラーということもありますが、すごく色合わせしやすいのが『カーキ』です!!!

カーキにもイエロー系ブルー系ありますが、どの色にもほどよくアクセントになって合わせやすい色だと思います。

「毎日バッグは変えないよ。。。」

と言われそうですが、是非、バッグもコーディネートしてみてください。

たまに駅でなんでそのコーディネートにその色(またはデザイン)を合わせたんだろうと思う人も結構います。

『バッグを変えるのが面倒』『忘れ物しそう』

という理由でしたらインナーケースをつかうことをおススメします。

インナーケースを取り換えるだけで済みますので!!!

是非、コーディネートに合ったバッグ選びをしてみてください。

今日はここまで!!!

ありがとうございました!!!!!

Hill’s Side House河合

バッグを選ぶときのポイント~色合わせ編①~

どぉ~も!!ヒルサイ河合です!!!

皆さん、普段のコーディネートで困ることありませんか?

洋服を着た時のサイズバランスやそれに合わせた靴やバッグ選び、スーツだったら着るシャツやネクタイの色や柄のバランスなどなど

考えだしたらキリがないですよね。

その中の1つで面倒と感じるのが『色』

今回は、毎日のコーディネートの色選びが楽になるバッグを選ぶときのポイントをぼくの体験とぼくがどうやって色選びをしているかを紹介します。

それでは、どうぞ!!!

パーソナルカラー

『パーソナルカラー』って聞いたことありますか?

『パーソナルカラー』とは、皆さんそれぞれが持って生まれた色調にマッチして、顔色や表情を明るく生き生きと見せてくれる色のことです。

肌や髪、瞳の色など人がもつ色調は微量に違います。

その色のちがいを大きく『イエローアンダートーン』『ブルーアンダートーン』に分かれます。

色はこの『イエロー』と『ブルー』の強さによって色調が変化していきます。

例えば

グリーンに『イエロー』を加えていくと黄緑色に変化していきますし、『ブルー』を加えていくと深緑色に変化していきます。

このアンダートーンを分かっていると自分にあった色選びが非常に楽になります。

ではアンダートーンの見分け方は??

①髪の毛の色(染めてない本来の地毛の色です)

茶色やこげ茶色→イエローアンダートーン

赤みのある茶や黒→ブルーアンダートーン

②瞳の色

白目はアイボリー 黒目は茶やこげ茶→イエローアンダートーン

白目は青っぽい白 黒目は赤茶や黒→ブルーアンダートーン

③肌の色

ベージュ系や黄色みのある肌色→イエローアンダートーン

ピンク系や青みのある肌色→ブルーアンダートーン

④手のひらの色

オレンジや黄色みのある肌色→イエローアンダートーン

ピンク系や青みのある肌色→ブルーアンダートーン

⑤唇の色

肌の色に違い→イエローアンダートーン

紫っぽく輪郭がはっきりしている→ブルーアンダートーン

になります。是非、鏡で自分はどっちのアンダートーンなのかチェックしてみてください!!!

シーズンカラー

パーソナルカラーはさらにシーズン別にわけることができます。

これをSMAPのメンバーで分けるとすごく分かりやすくなります。

ではどうぞ!!!

①スプリング(春)イエローアンダートーン

明るく澄んだ色調で、『元気』や『明るい』イメージ。

SMAPのメンバーだと中居正広さん、香取慎吾さん

②サマー(夏)ブルーアンダートーン

柔らかくて、くすんだ色調、『上品』で『落ち着いた』イメージ。

SMAPのメンバーだと草彅剛さん

③オータム(秋)イエローアンダートーン

深みのある落ち着いた色調、『高級』で『信頼性のある』イメージ。

SMAPのメンバーだと木村拓哉さん

④ウィンター(冬)ブルーアンダートーン

鮮やかでコントラストがはっきりした色調、『モダン』で『シャープ』なイメージ。

SMAPのメンバーだと稲垣吾郎さん

どうでしょう?

ぼくは以前勤めてた会社でこの『パーソナルカラー』のセミナーを受けてすごくためになっています。

ちなみにぼくのパーソナルカラーは『ブルーアンダートーンのサマー』でした。

木村拓哉さんの大ファンとしては多少残念でしたが。。。😅

そしてこの『パーソナルカラー』に属さない色が

『黒』です。

よく「白や黒は色合わせがしやすい」と言いますが、それはイエローアンダートーンにもブルーアンダートーンどちらにも影響しない色だからなんですね。

白はイエローが加わるとオートミールやベージュ系、ブルーが加わるとグレー系になりますが、影響を受けにくいので非常に色合わせしやすい。

ぼくは、インナーで困ったら白やグレーを選ぶことが多いです。

『黒』は違います。

『黒』にイエローやブルーを加えても黒は黒です。

それくらい強い色なんですね。

でも上手に取り入れることでその日のコーディネートを引き締めてくれる色でもあります。

インナーに黒を入れると全身をきゅっと引き締めてくれますし、足元に黒の革靴を入れると凛とした落ち着いた雰囲気にしてくれます。

じゃあ、この『パーソナルカラー』を考えてのバッグ選びのポイントを次回ご紹介したいと思います。

今日はここまで!!!

ありがとうございました。

Hill’s Side House 河合

Hill’s Side House秋冬スタイルブック

どぉ~も!!ヒルサイ河合です!!!

Hill’s Side House秋冬スタイルを公開します。

舞台は、紅葉彩る『鎌倉』

古都鎌倉に住んで2年の『了』と『美樹』の日常の1週間を切り取ってスタイルブックにしています。

是非、ご覧下さい~

尚、画像に商品リンクをはっておきますので、気になるバッグがありましたら是非タップしてみてください!!!

あ、二人写ってる画像には貼りませんのでご注意を!!!

Kamakura Life ~Day 1 ~

了「寒くなってきたな~」

美樹「だいぶ紅葉してきたね~」

了「そうね。来週くらい見頃かな~」

美樹「やっぱ撮っとこう♪」

美樹「待ち合わせまで時間あるしお茶しよっかな」

了「もう来てっかな~」

了「あれ?場所間違えた??」

Kamakura Life ~Day 2 ~

美樹「銭洗弁財天初めてだね~」

了「だね~この先かな??」

了「お~ここだ~!!!」

美樹「ここでお線香買うんだ」

美樹「すごい幻想的だ~」

了「いいとこだったね~」

美樹「また来よう~♬」

Kamakura Life ~Day 3 ~

美樹「今日どこ行く~」

了「ちょっと近所ブラブラしてみよっか」

了「こんなトンネルあったんだ~」

美樹「ねえ~すごい景色いいね~」

美樹「なんだろね?」

了「分かんね。。。」

Kamakura Life ~Day 3 ~

了「今日は長谷ぶらつこうよ」

美樹「天気いいしね~」

了「江ノ電ちかっ!!!」

美樹「鎌倉住んでるー!!!!www」

了「おしゃれな家多いな~」

美樹「ここドラマの撮影でつかわれたお寺なんだよ」

了「へえ~」

美樹「すごい並んでるね~」

了「あ!!ここキョンキョンいたとこじゃね!?」

美樹「海だ~!!!♪」

了「やっぱ海良いね~♬今度海でランチ食おうよ♪」

Kamakura Life ~Day 4 ~

了「どの辺で食う??」

美樹「あそこ良いんじゃない??」

美樹「天気よくて良かったね~♬」

了「だね~♬」

Kamakura Life ~Day 5 ~

美樹「たまには1人でぶらつこう♬」

了「俺もね~♬」

了「あれ?こんな店あったんだ~。。。今度来よう♬」

Kamakura Life ~Day 6 ~

美樹「今日、ごはん何にしよう。。。」

美樹「江ノ電こないな~」

美樹「この階段きつっ」

了「いま駅に着いたよっと」

了「腹へった~。。。飯なんだろう♬」

了「この階段、まじきつい。。。」

Kamakura Life ~Day 7~

了「ここスラダンで有名なとこだよ」

美樹「みんな写真とってる、渡らないんだwww」

了「波あるな~」

美樹「夕日きれ~♬」

了「さあ帰ろう!!!」

美樹「ねえねえ、来週どこ行く??」

今日はここまで!!!

ありがとうございました。

Hill’s Side House 河合

秋キャンプ~まとめ~

どぉ~も!!ヒルサイ河合です!!!

2泊3日で行った『フレンドパークむかわ』での秋キャンプをまとめてみました。画像多めで。。。。どうぞ!!!

紅葉からの木漏れ日

さえぎる物が少ない差すような山の木漏れ日

山間に沈んでいく夕日

初日は、ダッチオーブンで丸鶏のトマト煮。

寒い秋キャンプには欠かせないレシピです。

ダッチの横にあるアルミのボールは、次男リクエストの焼きリンゴ。

日が暮れるまでスタンバってるコールマンヴィンテージランタン

点灯

今回も優しい灯りで包んでくれました。

点灯もかなりスムーズになってきた~

初日はこれで終了、かなり寒い夜だったので早々に家族みんなで寝袋へ避難

霜がおりた2日目の朝

それもそのはず、2日目の早朝は霜がおりてました。

車も凍っております!!!

南アルプスの山々が朝焼けしてました!!!

近場の温泉で冷えた体を温めた後は2日目の晩御飯の買い出しに

2日目は『キムチ鍋』~

たっぷりの野菜に鶏肉・タラを入れて美味しくいただきました。

どんなに寒くてもこれはやめられない

家族5人で焚火を囲んで最後の夜を満喫。

初日ほど寒くなくてよかった~。。。

紅葉彩る『フレンドパークむかわ

場内広くてトイレや洗い場もキレイに管理されてます。

管理棟では炭・薪・お米などなど売ってるので買い忘れがあっても安心です。

子供たちが思いっきり遊べるアスレチックや広場もありますのでファミリーの方にも安心です!!!

夜中に雨が降って明け方上がったのでこんなオマケも

虹がでてました!!!

さあ、次は恒例の年始キャンプで静岡県磐田市にお邪魔します。

またブログにします。

今日はここまで!!!

ありがとうございました!!!!!

Hill’s Side House 河合

『焚火トート』の魅力を大公開

どぉ~も!!ヒルサイの河合です!!!

ヒルサイからリリースされてる『takibi Tote(焚火トート)』をぼくがキャンプで実際つかってみた感想やおススメポイントをご紹介しま~す。

では早速

①半端ない防水力

防水帆布の画像
抜群の防水力

ヒルサイのバッグでメイン素材としてつかってるのがこの『防水帆布』

この帆布、ただの防水帆布ではございません!!!

『ドラゴン防水加工』というかなり珍しい加工をした帆布になります。

耐水圧というどれくらいの圧力で水と通すかという数値があるのですが、この防水帆布は3,000mm以上という天然素材としては驚異的防水力なんです!!!

(やべ~まじスゲ~!!!!)

って皆さんにしてみたらどれくらい凄いかわからないですよね😅

布でつくられた傘が800mmとされていますので、傘よりも水を通しにくい素材なんです。

その特性をいかして『焚火トート』にも防水帆布をつかっています。

天候が変わりやすい山では急な雨に降られるのは想定内。

雨で薪が濡れてしまうと焚火のとき燃えにくくなってしまいますがご安心ください。バッグの中に雨蓋がついていますので薪にこれをかぶせる事で薪が濡れるのを防ぎます!!!

*ずっと雨に中に放置すると隙間から水が入っちゃいますので、かぶせたらテントやタープの下に避難させてくださいね。

②半端ない収納力

そして次は収納力です。

薪がしっかり入るサイズに設計しております。

画像は、キャンプ場で購入した薪の束を全部入れてまだ少し余裕があります。

そして今回一番のこだわりポイントがこちら!!!

バッグの奥行の縫製方法です!!!

ぼくたちは『マチ』と言います。

バッグではこの『マチ』によってどんな用途で使うかが決まってきます。

マチが狭いとシュッとしたスリムなバッグになりますが、荷物はあまり入りません。逆に広いと荷物はしっかり入りますが、デザインによっては野暮ったいバッグになってしまいます。

トートバッグで一般的によく見られるマチは『Tマチ』といって前見頃と後見頃の端を縫い合わせてひっくり返します。

しかしこの『焚火トート』のマチは、前と後の生地の端を重ねて縫製します。

じゃあTマチとどう違うのかと言いますと荷物を入れたときに差が出ます。

通常Tマチで荷物を入れるとこんな感じで膨らみます

Tマチ

『焚火トート』はこんな風に膨らみます。

分かるでしょうか??

Tマチのバッグはマチを中心にして楕円のように膨らみますが、『焚火トート』は四角に膨らみます。

これによってバッグの容量も変わってきますし、車につみこんだとき無駄なスペースをなくすことができるんです!!!

キャンパーにとって車への積み込みはウキウキでもありますが、頭を悩ますポイント。積み方を間違えると持っていこうと思ってた荷物が積めず断念。。。ということも。。。

それはちょっとした無駄なスペースが原因。

そんなとき『焚火トート』はすごく便利です。

ぼくはこの『焚火トート』2つ持っていて、薪はキャンプ場で買うので違うギアを入れて車に積み込みます。

このマチはアウトドアブランド『L.L.Bean』の定番トート『ビーントート』と同じ縫製で、特殊なミシンがないとできないんです。

それ以外にも

ナイフやペグ、ライターなど小物を入れれるポケットや

斧をぶっさせたりします!!!

*斧の企画によっては差せませんのでご注意くださいね。

③半端ないカッコよさ!!!

画像はサンプルの為ポケットのメッシュがブラックです。製品はグレーとなります。

なんといっても見た目のカッコよさが半端ない!!!

手間みそですが、本当に自信があるものじゃないと世の中には出せません!!!

そして、使い込むほどにエイジングが効いてきます。

防水帆布は、加工のときパラフィンといってロウソクの蝋を含ませます。それによって防水効果がでるんです。

その蝋が摩擦によって白い線として浮き出てくるんですが、使い込むほどに馴染んできていい表情になっていきます。

ぼくの『焚火トート』は、ガンガン薪を突っ込みますし、地べたにそのまま置いたりしてかなり手荒く使ってるのでかなりいい感じに仕上がってきました。

そんな使い方してても、ほつれてきたりしない丈夫なところが国産の良いところですね!!!

④半端ない番外編

じゃあ、キャンプ以外には使えないのか!??

そんなことありません!!!!!

さきほども言ったようにかなり大容量&丈夫&カッコいいので普段持ちでもよしキャンプまで行かなくても近場でデイキャンプなんかの荷物入れとしても重宝します。

以上ヒルサイ『焚火トート』の魅力大公開でした!!!

画像にリンクを貼っておきますので、気になる方は今すぐクリックです!!!

Color:オリーブ Price:¥10.450税込
Color:ブラック Price:¥10.450税込

今日はここまで!!!

ありがとうございました!!!

Hill’s Side House 河合

秋冬キャンプの新しい仲間たち

どぉ~も!!ヒルサイ河合です!!!

11月の3連休を利用して家族でキャンプへ行ってきました!!!

毎年お世話になっている山梨県北杜市にある『フレンドパークむかわ』さんへ

秋の北杜市は初めてだったんですが、紅葉が見ごろの快晴の3連休でした。

恒例の年始キャンプも控えてるということで今回は新たに買ったニューカマーのご紹介と感想をブログにします。

まずは

コールマン(COLEMAN) ファイアープレイスケトル

コールマン ケトル
コールマン ケトル

今さら感強めですが、今回初めてケトルを購入。

『Coleman ファイアープレイケトル』

今までは鍋でお湯を沸かしてお玉でコーヒーを淹れてたんですが
(いま考えても味気ない😅)

やっぱりケトルで淹れたいな~と奥さんと話して購入。

いざ使ってみて、ケトルの存在なめてました。。。

秋冬キャンプにとってすぐにお湯がつかえるってかなり重宝します。好きなときにコーヒー淹れれるし、食べ終わった鍋にお湯をはって食器を入れておけば油汚れもすんなり落ちます。

キャンプ場によってお湯が出る洗い場もありますが、ほとんど水。

しかも山水なのでめちゃくちゃ冷たいので助かります。

直火OKなので焚火台の上に置いておけば常にお湯が沸いてるし、ちょっとした加湿器の代わりにもなります。昔、実家でストーブの上にやかん置いてたの思い出すwww

ただ、空焚きと小さなお子さんがいるご家庭はご注意ください!!!

そして直火で黒く変色していく様がカッコいい!!!

奥さんは、黒くなってる~!!!って嘆いてましたがwww

意外と知らない冬のサンダル『SUBU』

SUBU

ぼくは去年耳にしてて今年絶対買おうと思っていた冬サンダル『SUBU』

最初にぼくと奥さんの分を購入して自宅で試着してると子供たちが

「ぼくも履く!!!」「わたしも欲しい!!!」

となり家族5人そろえることに。(あれ?1人足りない。。。誰だ!?)

テントの出入りするのにいちいち靴を履くのは面倒なんです。だから夏はビーサンを持っていくんですが、冬はそうはいきません。

夜中、トイレ行きたくなってビーサンなんて履いてたら足が凍りますwww

この『SUBU』は脱ぎ履きが楽ちんで温かい。ソールのクッション性がすごくて足を入れるとキューっと包みこんでくる感じが堪りません。

そしてそして、非常にリーズナブル!!!

ぼくが買ったのはケース付きで¥3.740税込

モデルによって価格違うのでご注意ください!!!

やっぱ凄いよ『ワークマンプラス』

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの『ワークマンプラス』

ワークマン 常務取締役の土屋哲雄さんの著書『ワークマン式「しない経営」』の書評をブログにさせてもらったのでよかったらご覧ください。

『ワークマン式「しない経営」』を読んで』

今回はこれを購入しました!!!

防寒ブーツ『ケベック』
防寒ブーツ『ケベック』

温かい!軽い!!歩きやすい!!!滑らない!!!!水入らない!!!!!

そーしーてー

安い!!!!!!!!!

もう何拍子だよと言わんばかりのモコモコブーツ!!!

しかもカラー・デザインもツボなのでキャンプ以外でも履けちゃうんです。

防水なので雨の日にかなり重宝しますよ~♬

MERINO WOOL(メリノウール)フルパイルソックス先丸
MERINO WOOL(メリノウール)フルパイルソックス先丸

メリノウールソックス!!!

このソックスは、結構ネット上でも話題になってて愛用される登山家の方も多いということで購入!!!

めちゃくちゃ温かい!!!

フルパイルなのでクッション性が高くて履き心地も抜群!!!!

秋冬とはいえ、日中はテントの設営や子供たちと遊んだりすると足は汗をかいてます。そのままで夜を迎えると足先が冷えてすごく痛い。

でもこのメリノウールソックスを履いてれば安心なのでおススメです。

価格は¥780とワークマンの中では若干高めに感じますが、メリノウールでフルパイルでロングソックスでこの価格は安い!!!!!

ぼくは先丸を買いましたが、5本指タイプなんかもありますのでお好みで選んでくださいね。

まだニューカマーがいるんですが、次回年明けキャンプ編でご紹介したいと思います。

今日はここまで!!!

ありがとうございました。

Hill’s Side House 河合

ヒルサイの新作や情報、僕自身の趣味なんかも随時配信しておりますので、お気軽にフォローしてください。

ヒルサイ営業探訪①

どぉ~も!!ヒルサイの河合です!!!

ブランド営業で『上野』『神保町』にお邪魔してきました!!!

♪上野発の夜行列車おりた時から~♬

ということで上野駅です。

かなり久しぶりの上野!!!

まずは腹ごしらえということでランチやってる定食屋さんへ

中へ入るとすごい賑わい

それもそのはず、みんな呑んでるっ!!!( ゚Д゚)

時間は、13:30・・・

思わず店員さんに

「ランチって終わりました?」

「15:00までやってますよ~♬」

って定食たのんでる人いないじゃ~ん!!!

これは、生ビールを頼むべきなのか・・・

と一瞬だけ脳裏をよぎりましたが、
(一瞬はウソです、食べ終わるまでま悩みましたwww)

いやいや、仕事・仕事と言い聞かせてお刺身定食を

正直、味は期待できないな。。。と期待せずに待ってると

めっちゃ刺身豪華!!!

しかも美味しい!!!!!

料理の写真を撮り忘れたことが悔やまれます。。。

しっかり腹ごしらえもできたので、さあ仕事!!!

上野にあるインポートアイテムを中心に品ぞろえしているセレクトショップ『Freeport』さんへ

上質なインポートのウェアからバッグや靴、厳選された国産のジーンズなどなど。かなり豊富なラインナップでした。

きれいにレイアウトされた店内は、すごく洋服が見やすくお店の雰囲気と合った落ち着いたBGMがついつい長居してしまいそう。。。

なによりも洋服好きがすごく伝わる気さくな店員さんに商品のことやおススメのジーンズブランドなどなど沢山教えてもらえて楽しいひと時でした!!!

名刺交換してもらいお店を出ました。

上野裏路地
上野裏路地

上野ならではの裏路地や飲み屋街を通りながら3店舗ほどお邪魔して次の目的地へ。

神保町は、老舗の喫茶店や古本屋が立ち並ぶレトロな雰囲気が魅力的な街。

ここでは1988年創業の老舗アメカジショップ『MAINE』さんへ!!!

Instagramでフォローさせてもらってて是非ヒルサイをみてもらいたいと思い飛び込みでお邪魔したのですが、店内にお客様がいらっしゃったので迷惑となるとかんがえ今回は断念。。。

めちゃくちゃカッコいいネルシャツを見つけてしまったので、また伺おうと心に決めてお店を後に。。。

アメカジ好きにはよだれものの品揃えに圧巻でした!!!!

今日はここまで!!!

ありがとうございました!!!!!

Hill’s Side House 河合